【鹿島アントラーズサポーター必見】都内でサッカー観戦するならココ!スポーツバー3選

サッカー

鹿島アントラーズを応援する都内サポータにとってネックなのは、ホーム戦が遠い、ということではないだろうか。

1日予定が空いていないとなかなかスタジアムまでは行けない。そんな時にオススメするのがスポーツバーでの観戦である。

家で一人でじっくり観戦するのもいいけれど、お酒を片手に、友人や恋人、共通の趣味を持つ人たちと、同じ空間で、盛り上がれるのは格別に楽しい。

今回は、鹿島アントラーズサポーターに人気の都内のスポーツバーを紹介する。

HUB北千住店

HUBの中でも鹿島アントラーズサポーターの間で一番有名なのが、このHUB北千住店

ほとんどすべての鹿島戦を放映しており、鹿島戦の時はユニフォーム姿で観戦する人も多い。

HUB四谷しんみち通り店

北千住店に続き、鹿島サポーターの中でじわじわと人気を集めているのが、HUB四谷しんみち通り店

鹿島戦のあるときには入り口に鹿島アントラーズのフラッグが掲げられ、店内はポスターや本が飾られている。

こちらは北千住店よりも少々狭めだが、アットホームな雰囲気で、点が入るたびに店長が盛り上げてくれる。

都心に近い店舗のため、平日夜の仕事終わりにも行きやすい。

酒場食堂とんてき 中野坂上

最後に紹介するのは酒場食堂とんてき。こちらは丸ノ内線中野坂上駅近の路地裏に佇む、カウンター席のみの隠れ家的なお店。

試合のある日でもない日でも鹿島アントラーズサポーターがよく訪れるという。

店内は鹿島アントラーズだけでなく、南葛SC(元鹿島アントラーズの佐々木竜太選手や青木剛選手、川俣慎一郎選手が所属)のポスターや、石井正忠元監督(現サムットプラカーン・シティFC監督/タイ)のサイン、店主の地元岐阜県のJ3チーム、FC岐阜のユニフォームなども飾られている。

そして何よりも料理がとにかく美味しい。岐阜名物(?)のどて煮や漬け物ステーキといった珍しい料理、岐阜ならではのお酒も楽しめる。

明るい店主が声かけてくれるので、一人でもふらっと行きやすいお店。


コメント

タイトルとURLをコピーしました